TWOWEEKS原作ネタバレ感想と結末は?娘を救った後の展開が泣ける!

『TWO WEEKS』(トゥー・ウィークス)は、2013年8月7日から9月26日まで全16回に渡って韓国MBCで放送された韓国のテレビドラマで、ある事件の濡れ衣を着せられた主人公が、白血病を患った娘の命を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンスです。

そして、『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系で、三浦春馬を主人公に迎え、2019年夏ドラマ(7月~9月)として毎週火曜日夜9時から放送されることが決定しました。

この記事では、TWO WEEKS原作ネタバレ感想と結末は?娘を救った後の展開が泣ける!について書きたいと思います。

TWO WEEKS原作ネタバレ感想

『TWO WEEKS』原作のあらすじネタバレ(前編)です!

↓↓↓

天涯孤独のチンピラ、テサン(主人公)の前に、昔の恋人イネが現れます。

8年前にテサンとの間に生まれた娘が白血病を患っていて、テサンにドナー検査をしてほしいと言います。

自分の子供の存在を知り当惑するテサンでしたが、検査に訪れた病院で娘のスジンと出会い、自分の娘への愛おしさが芽生え始め、検査の結果、骨髄が一致したため、2週間後に移植手術が行われることになりました。

一方、テサンの昔の上司で悪徳事業家イルソクは、国会議員のチョ議員と手を組み、麻薬の密輸を進めていたが、イルソクはそれを知った愛人ミスクの命を奪い、その罪をテサンに着せます。

警察に捕まったテサンは無実だと言い張りますが、でっち上げられた証拠を突きつけられ、不利な状況に陥るテサン。

しかし、テサンは娘のスジンの命を救うため、護送中の交通事故に乗じて脱走します。

テサンの捜索を陣頭指揮するのはミスクをスパイとしてイルソクの下に潜入させていた検事ジェギョン。

そして、テサンの逃亡を知り、警察より先にテサンを捕まえたいイルソク。

ここからテサンの必死の逃走劇が始まります。

やがて、テサンは、イルソクが自分の命を狙う理由がミスクから預かったデジカメにあることを知り、探し始めます。

そのデジカメにはイルソクとチョ議員の犯罪の証拠が残されていました。

イルソクの追っ手を逃れながら、テサンはなんとかデジカメが預けられていたソウルに向かいます。

そんな中、イネの今の恋人で刑事のスンウテサンの通話記録にイネの番号がある事に気づきます。

テサンはイネに電話でスジンの手術には絶対に行くと伝えていたのです。

テサンが容疑者だと知ったイネでしたが、テサンを信じていたイネは、スンウにスジンの事を伝えられずにいました。

しかし、スンウは、スジンの実父はテサンだと気づき始めていました。

ある時、テサンは逃亡中に倒れた妊婦を助けます。

そして、その妊婦は、テサンの逃亡を助けてくれますが、次第に刑事スンウに追い詰められ、スンウに銃で撃たれたテサンは川に転落してしまいます。

テサンは亡くなったと思い動揺するイネ。

そんな中、スンウとジェギョンは、川でテサンの死体を探すが、見つけられずにいました。

一方、テサンは山で暮らしていたチグクに救助され、再びソウルへと向かいましたが、テサンの居場所を知ったジェギョンに逮捕されてしまいます。

しかし、ジェギョンは捜査を進めるうちに、テサンが冤罪だと気付いていました。

そんな中、テサンは警察車両での護送中、イルソクの追っ手に捕らえられてしまいます。

イルソクの元に連れて行かれ、デジカメのありかを聞かれたテサンでしたが、絶対に教えないと答えます。

イルソクはテサンにある取引を持ち掛けますが、テサンは一瞬の隙をついて逃げ出すことに成功するのです。

一方、ジェギョンはテサンを追うが、イルソクの部下に捕らえられ、そこでジェギョンの父の事件について聞かされることになります。

ジェギョンは解放され、その後、テサンが無実だとスンウに明かします。

そんな中、チョ議員はジェギョンとテサンが繋がっていると主張し、ジェギョンをテサンの捜査から追い出そうとしますが・・・

↑↑↑

『TWO WEEKS』原作のあらすじネタバレ(前編)はここまで

テサンはイルソクの魔の手からのがれることができるのか?

そして、自分の冤罪を晴らし、娘スジンの命を救うことができるのか?

あらすじネタバレ(後編)もぜひご覧ください!

TWO WEEKS原作の結末は娘を救った後の展開が泣ける!


『TWO WEEKS』原作のあらすじネタバレ(後編)です!

↓↓↓

イネの恋人・スンウは、検事ジェギョンからテサンの事件の情報を聞き出そうとします。

しかし、スンウの父親が警視庁長官の息子だと知ったジェギョンは、長官がテサンの送検を早めたとスンウに言い、情報は渡さないと告げます。

一方、ある事を依頼するため、イネと会う約束をしたテサンが待ち合わせ場所にやってきましたが、覆面刑事たちに気付き、テサンは去ってしまう。

テサンは病院へ帰るようイネに告げますが、イルソクの追っ手に発見されてしまいます。

テサンはなんとか追っ手から逃れ、イネのいる病院へと向かいましたが、そこにはイネとスンウが待っていて、スンウはテサンに自首をさせようします。

そんなスンウに、イネはスジンのドナーがテサンであると明かします。

二人の話を聞くうちに、スンウとイネが恋人関係だと悟るテサン。

スンウはその場を立ち去りろうするテサンを追いかけようとしますが、イネに静止されました。

その後、テサンはカメラを見つけてイルソクの追っ手と争いますが、カメラを奪われてしまいます。

カメラを手に入れたイルソクは、カメラを使ってチョ議員を脅し始めました。

一方、テサンはジェギョンの捜査に協力することになり、自分をエサにイルソクを誘い出す計画を実行しますが、うまくいきません。

そんな中、ジェギョンはイルソクをミスク殺害の件で逮捕しますが、イルソクは裏取引によって釈放されていて、イルソクの家に侵入したテサンは捕らえられます。

ジェギョンはテサンを救うためイルソクの家に侵入しましたが、そのことが問題となってジェギョンは、停職処分になってしまいます。

ある日、イルソクはイネを連れ去り、イネを人質にテサンを脅し始めます。

また、イルソクはスジンの病院を訪れて、スジンを誘拐しようとしましたが、そこへテサンが現れ、スジンを救い出します。

テサンはガラス越しにスジンと再会することができ、スジンから「誕生日おめでとう」と言われて感動します。

テサンがスジンを助けたと知ったイネは、かつて自分に酷い態度を取ったテサンを許すことに決めました。

ミスクの事件の証拠を手に入れたジェギョンとスンウはイルソクの家に向かいましたが、そこにはイルソクの姿はありませんでした。

イルソクの逃亡を知ったテサンは、スジンに危害が加えられるのではないかと心配し、スジンの手術を早めてもらうことに。

しかし、イルソクに情報が流れてしまいます。

テサンの命を奪うためイルソクは病室へ向かい、病院で眠っていたテサンにナイフを突き刺しましたが、そこにはテサンのダミーが置かれていて、イルソクの背後には何人もの警官が銃を構えていたのです。

手術を早めたことも含めて、すべてはテサンの計画であり、イルソクはテサンの罠に引っかかっていたのでした。

いよいよスジンの手術の日を迎え、手術は無事成功します。

テサンはスジンが書いた「パパと一緒にやりたいこと」をひとつひとつ叶えてあげました。

そんな中、テサンの冤罪事件の再審が開かれ、無実が証明されます。

そして、テサンはどんな時でも頼れる父親になりたいとイネとスジンの元を離れることを決め、スンウと一緒に暮らすよう告げました。

一方、スンウもスジンが父親としてテサンを求めていることに気づいていて、身を引く覚悟をしていたのです。

しかし、イネは一人で旅立つテサンに「私たちは心配ないから自分の思うようにして」と告げ、笑顔でテサンを送り出すのでした。

↑↑↑

『TWO WEEKS』原作のあらすじネタバレ(後編)はここまで

最後は「これで終わるの?」というような結末で、続編があってもおかしくないような内容ですが、テサンとスンウのそれぞれがイネ親子に必要なのは自分ではないと身を引く姿に胸が熱くなってしまいました。

展開が非常に早く次々と明らかになる陰謀、そして、少しずつ分かっていく主人公の過去や主人公を取り巻く人たちの複雑に絡み合う人間模様に、毎回待ちきれなくなるほど、とても面白いドラマです!!!

ドラマ【TWO WEEKS】原作との違いは?

『TWO WEEKS』がリメイクされ、2019年夏ドラマ(7月~9月)としてカンテレ・フジテレビ系で、毎週火曜日夜9時から放送されます。

命のタイムリミットまで2週間 × 殺人の濡れ衣 × 逃亡劇
複雑に絡み合う人間関係のなかで描かれるスリリングな展開は必見!
さらに、伏線は8年前?徐々に明らかになる結城の過去とは?

結城を中心に、検察、警察、政治家、闇の組織など、さまざまな立場の登場人物の思惑や陰謀が複雑に絡み合う逃亡劇は、このドラマの魅力の一つ。
後日発表される個性豊かな登場人物を演じる出演者にもご注目いただきたい。
さらに、誰が味方で、誰が敵なのか?
巧みな変装や危険な行動を駆使し、迫りくる追っ手から逃げ続ける結城を待ち受けるスリリングな展開は必見!
手術に向けた2週間のカウントダウンが刻々と進む焦りを抱えながら、窮地に追い込まれても懸命にもがき苦しむ結城の姿に、ハラハラドキドキしながら応援したくなるはずです。
2週間後に待ち受ける結末に向けて、手に汗握る逃亡劇から目が離せません!

また、物語の伏線となるのが、8年前に結城が人生を諦めるきっかけとなった「ある出来事」。徐々に明らかになっていく結城の過去にも、ぜひご注目を!

引用:https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html

『TWO WEEKS』原作のあらすじをネタバレしましたが、7月16日(火)からスタートするドラマでは日本を舞台に逃走劇が繰り広げられます。

主人公の結城大地を演じるのは、柔和な表情の陰にクールな印象を併せ持ち、火9ドラマ初主演となる三浦春馬さん

結城が関わった事件を担当する新米健治・月島楓を演じるのは、初の火9ドラマ出演となる芳根京子さんです。

結城の元恋人・青柳すみれを演じるのは比嘉愛未さん、すみれの婚約者・有馬海忠を演じるのは三浦貴大さん、悪徳実業家・柴崎要という少し狂気じみた約を演じるのは高嶋政伸さん、また、楓の良き理解者である国会議員の久我早穂子を演じるのは黒木瞳さんという豪華俳優陣が出演することに!

ドラマ『TWO WEEKS』ではどんなオリジナルストーリーが展開されるのでしょうか?

そして、最後にはどんな結末が待ち受けているのでしょうか?

ドラマ『TWO WEEKS』の最終回結末では三浦春馬が最後に亡くなる・・・?

ドラマ『TWO WEEKS』は、ある事件の濡れ衣を着せられた三浦春馬さん演じる結城大地が、白血病を患った娘の命を救うために逃亡する2週間のタ...

まとめ

『TWO WEEKS』原作ネタバレとドラマとの違いについてまとめました。

原作の韓国ドラマでは高視聴率を叩き出した非常に面白いドラマですので、今回のリメイク版『TWO WEEKS』も期待できますね!

7月を楽しみに待ちましょう!!!

ドラマ『TWO WEEKS』を見逃してしまった場合でも無料で視聴する方法があります!

ドラマ『TWO WEEKS(トゥー・ウィークス)』はある事件の濡れ衣を着せられた三浦春馬さん演じる結城大地が、白血病を患った娘の命を救うため...