トクサツガガガ6話ネタバレ感想は叶の母親が怖すぎ!迫真の演技だと話題!

トクサツガガガ第6話が放送されました。

今回は、娘がいまだに特撮好きであることを知った母親・志(松下由樹)と仲村叶(小芝風花)との全面対決という展開になりました!

この記事ではトクサツガガガ6話ネタバレ感想は叶の母親が怖すぎ!迫真の演技だと話題!について書いていきます。

トクサツガガガ6話ネタバレ感想は叶の母親が怖すぎて迫真の演技だと話題に!

ツイッターでは叶の母親・志(松下由樹)が怖すぎる!という意見が話題になりました。

お母ちゃんはお見通し
うああ…母ちゃん勝手に家入ったかあ…
あ、先に家入られた……………………
こんなママ嫌だ!!!!!!!!!怖い!!!!!!!!!
伝わってるというよりバレてる
母ちゃんすでに侵入済だったあああああああああぁぁぁぁ・・・!!隠れオタクあるあるwww

引用:ツイッター

叶は母親・志が自分の家に入るのを阻止するため、外食してそのまま大阪の実家へ帰省するという兄(渡部豪太)の作戦を実行しようとしましたが、志と待ち合わせをした時には、事前に作っていた合鍵を使って、すでに叶の家に入ってしまった後でした。

叶がいまだに特撮オタクであることに気づいたにもかかわらず、何食わぬ顔でピンクの可愛い帽子を薦めてくる母親は本当に怖すぎます!!!

志が自分のカバンから叶のフィギュアを出した後、叶を責め立てる松下由樹さんの迫真の演技がかなり衝撃的でした!

トクサツガガガ6話ネタバレ感想は過去にはテレビきっず焼いも事件があった!

ある時、叶が小学校から帰ってくると、母親・志は庭で焼きいもを焼いていましたが、なんと叶が大事にしていた特撮雑誌テレビきっずを燃やして焼いもを焼いていたのでした!!!

自分が大切にしてた雑誌を焚き火で燃やされたら、トラウマになりますね・・・。

母親が娘のためを思ってやったこととはいえ、さすがにそれはやり過ぎです。

良ければこちらの記事もご覧ください!

ドラマ『トクサツガガガ』がNHK総合で2018年1月18日からスタートしました(全7回)。 商社に勤める26歳OL・仲村叶(小芝風花)...
トクサツガガガの第5話が放送されました。 今回は撮影会と称してオタク仲間と一緒に海に出かける内容でした。 この記事ではトクサツガ...

トクサツガガガ6話のあらすじと見どころ紹介

以下、トクサツガガガ6話のあらすじです。

仲村叶(小芝風花)は任侠(竹内まなぶ)の母が息子のオタク趣味を容認している様子を見て、自分と母との関係を考える。年が明け、北代(木南晴夏)と一緒に行った映画館で叶は偶然吉田(倉科カナ)と出くわす。吉田は男の人といっしょだった。恋愛はオタク趣味とは相容れないと思っていた叶はショックを受ける。その直後、叶の兄(渡部豪太)から電話で、母・志(松下由樹)が叶に会いに向かったことを知らされる。

引用:https://www.nhk.or.jp/nagoya/gagaga/story/06/

トクサツガガガ6話の見どころは、なんといっても叶と母親・志の対決シーンです。

大切にしていたフィギュアを母親に壊された叶は、キレて母親と大喧嘩をしてしまいました。

これまで母親にとって良い子を演じ続けてきた叶でしたが、とうとう爆発しましたね。

まとめ

トクサツガガガ6話のネタバレ感想や見どころについてまとめました。

とうとう次回が最終回になってしまいました。

どんな結末が待ち受けているのか非常に楽しみです!