トクサツガガガ最終回ネタバレ感想は母も叶と同じ!好きな気持ちは奪えない!

トクサツガガガ最終回が放送されました。

母親・志(松下由樹)が仲村叶(小芝風花)の特撮好きを最後まで理解することはありませんでしたが、叶が母親と同じことをしていたことに気づいた最終回でした

この記事ではトクサツガガガ最終回ネタバレ感想は母も叶と同じ!好きな気持ちは奪えない!について書いていきます。

トクサツガガガ最終回ネタバレ感想は母も叶と同じだったという意見が話題に!

ツイッターでは、母親・志(松下由樹)も仲村叶(小芝風花)と同じだったという意見が話題になりました。

「好きなものを否定され続ける気持ちを、私もお母ちゃんにずっと感じさせてたんだ…」叶ちゃんにすごい気づき。人としてレベルアップだ…
あ~お互いに、好きなものの否定をしていた…お互いに…
仲村さんもまた、彼女が苦手だったお母ちゃんと同じことをしていたことを認める…!!!
お母ちゃんに自分の「好き」を否定され続けた仲村さん自身も、お母ちゃんの「好き」を否定し続けてきたってことか…
当時のカーチャン、解ろうともしてなかったからな・・
そぉかーーーお母ちゃんも自分の好きな「かわいいもの」を否定され続けてたことになるのかーーー

引用:ツイッター

母親・志(松下由樹)仲村叶(小芝風花)の特撮好きを否定してきたということ、叶が母親の可愛いものが好きな気持ちを否定してきたということは結局同じだったんですね。

トクサツガガガ最終回は好きな気持ちは誰にも奪えないという結末!

ビデオ屋店主の「好きってそんななくなっちゃうものなんかな?」という問いに、一時期忘れていた特撮への想いを取り戻した叶は「好きな気持ちはなくならない」「好きな気持ちは誰にも奪えない」ことに気づきました。

それと同時に、母親が自分の特撮好きを否定してきたのと同じように、母親・志も可愛いものを好きな気持ちがあり、自分もそんな母親の気持ちを否定してきたことに気づいたのでした。

人はみんなそれぞれ好きなものがあって他人にはそれを否定する権利はないということを、このドラマで改めて教えてもらったような気がしました!

良ければ次の記事もご覧ください!

ドラマ『トクサツガガガ』がNHK総合で2018年1月18日からスタートしました(全7回)。 商社に勤める26歳OL・仲村叶(小芝風花)...
トクサツガガガの第5話が放送されました。 今回は撮影会と称してオタク仲間と一緒に海に出かける内容でした。 この記事ではトクサツガ...
トクサツガガガ第6話が放送されました。 今回は、娘がいまだに特撮好きであることを知った母親・志(松下由樹)と仲村叶(小芝風花)との全面...

トクサツガガガ最終回のあらすじと見どころ紹介

以下、トクサツガガガ最終回のあらすじです。

仲村叶(小芝風花)は大切なフィギュアをお母ちゃん(松下由樹)に壊され、大喧嘩をしてしまう。その上、吉田さん(倉科カナ)とは気まずくなり、ダミアン(寺田心)には嘘つきと呼ばれ落ち込む。そんなある日、兄ちゃん(渡部豪太)から渡された古いエマージェイソンのビデオを見て、叶は自分が幼少期からどんなに特撮が好きだったかを思い出す。北代さん(木南晴夏)の計らいで吉田さんとも仲直りできた。残るはお母ちゃんとの関係だが…

引用:https://www.nhk.or.jp/nagoya/gagaga/story/07/

結局、母親・志が叶の特撮好きを理解することはありませんでしたが、それぞれの「好きな気持ちは誰にも奪えない」ことに気づいた叶は、母親とも仲直りすることができ、人として一歩成長することができましたね。

自分が好きなものを否定されることばかりに目が向いて、他人の好きなことを否定してまで自分の気持ちを守ろうとすることは、被害者だと思っていた自分が加害者になりうる危険性があることを深く考えさせられた最終回でした。

まとめ

トクサツガガガ最終回のネタバレ感想と見どころについてまとめました。

好きなものは好きだという気持ちになれた本当に素晴らしいドラマでした!