グッドワイフの裏切り者は誰?多田と佐々木が怪しいと話題でネタバレ考察!

グッドワイフ第8話が放送されました。

今回は、蓮見壮一郎(唐沢寿明)と遠山亜紀(相武紗季)のスキャンダルはハニートラップで、実際には不倫関係はなかったことが明らかになりました。

この記事ではグッドワイフの裏切り者は誰?多田と佐々木が怪しいと話題でネタバレ考察!について書いていきます。

グッドワイフの裏切り者は多田と佐々木が怪しいと話題!

ツイッターでは裏切り者は多田(小泉孝太郎)か佐々木(滝藤賢一)のどちらかだという意見が話題になりました。

これもう完全に、多田先生か佐々木のどちらかが裏切者だろう
多田くん、まさかの裏切り者…?
滝藤さんが裏切り者だったり…??
なんだよ!!!!! 黒幕今週わからないじゃん!!! 絶対佐々木さんだ!!!
あたいは多田先生信じる…!
一番怪しいのは滝藤さん
本当の裏切り者、、、 孝太郎だね
誰が敵で誰が味方なんだよ…
やっぱり無難に(笑)滝藤さんが裏切るの?
しかし滝藤さんも疑おうと思えば疑えるんだよ(´・ω・`)

引用:ツイッター

官房副長官の南原次郎(三遊亭円楽)の汚職を暴くための証拠書類を壮一郎に渡した多田。

そしてその書類は信用できないという佐々木。

どちらかが裏切り者で間違いありません!

グッドワイフの裏切り者は佐々木で決まり!ネタバレ考察!

1年前に東京地検特捜部の蓮見壮一郎(唐沢寿明)は匿名の情報提供者から南原の汚職のタレコミ情報を受けて、部下の佐々木達也(滝藤賢一)と極秘捜査をしている中で、逆に壮一郎が汚職事件で逮捕されてしまいました。

また、南原の汚職事件のカギを握る情報提供者とようやく会う約束を取り付け、会おうとした直前に脇坂によって妨害されてしまいました。

どちらの事実も、壮一郎の行動が検察内部で筒抜けになっていることを証明していますね。

ということは、検察内部にいて壮一郎と情報を共有している人物、つまり黒幕となる裏切り者は佐々木達也以外に考えらないのではないでしょうか?

良ければ次の記事もご覧ください!

グッドワイフの第6話が放送されました。 今回は多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人となる一方で...
グッドワイフ第7話が放送されました。 今回は、勝手に映画の主人公のモデルにされ自分のイメージが下がったと主張するカリスマ IT 社長・...
グッドワイフ第7話の最後に、杏子(常盤貴子)が夫・壮一郎(唐沢寿明)のスキャンダル相手である遠山亜紀(相武紗季)の話を聞くため、直接会いに行...

グッドワイフ8話のあらすじと見どころ紹介

以下、グッドワイフ8話のあらすじです。

杏子(常盤貴子)壮一郎(唐沢寿明)のスキャンダル相手である遠山亜紀(相武紗季)に会いに行くが、亜紀は何も話そうとしない。
そしてついに、壮一郎の裁判が始まる。検察側は賄賂の証拠を揃え、さらに証人にトミオカ精工の社長も呼び、すべて壮一郎の指示だったと証言させる。検察側の絶対的有利な状況で裁判が進んで行く中、壮一郎は事件の “本当の情報提供者” を見つけることが、事件解決に繋がると杏子たちに説明する。
一方で、脇坂(吉田鋼太郎)円香(水原希子)に接触。脇坂は木内(丸山智己)と円香に関して何かを掴んでおり、円香を利用しようと画策しているが…。

そんな折り、多田が蓮見家を訪ね、壮一郎に、このままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛(北村匠海)との正式採用争いにも破れると言い、ある衝撃的な宣言をする。

杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司・上森(松尾貴史)から亜紀の隠された過去を聞き出す。そして、再び亜紀の元へ…

絶体絶命の状況の中、次第にわかってくる真実――

そして、壮一郎たちはついに “本当の情報提供者” にたどり着く その正体は !?

引用:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story08.html

蓮見壮一郎の無罪を証明することに協力を始めた多田、壮一郎の右腕となって情報を集める佐々木のどちらが裏切り者なのか?

そして、脇坂博道(吉田鋼太郎)に弱みを握られた円香みちる(水原希子)はどうなるのか?

謎が謎を呼ぶ展開になってきましたね!

まとめ

グッドワイフ8話のネタバレ感想や見どころについてまとめました。

次回はいよいよ最終章の始まりです!!!