家売るオンナの逆襲最終回はサンチーが社長でママ!三軒家チルドレンで続編?

家売るオンナの逆襲最終回が放送されました。

最終回では、前回から1年後、万智への復讐に燃える留守堂(松田翔太)率いるリッチブラスト不動産が、万智(北川景子)のやり方を学習したAI三軒家万智を使って取り壊しを目的に買い占めていた「新宿ガーデンハイツ」を、万智のアイデアによってみごとに住民を呼び込み再生することができました。

また万智に対する留守堂の怒りも収まって元のドジ助に戻ることができて良かったですね!

この記事では家売るオンナの逆襲最終回はサンチーが社長でママ!三軒家チルドレンで続編?について書いていきます。

家売るオンナの逆襲最終回はサンチーが社長でママとなったことに驚きの声が!

ツイッターでは、サンチー(万智)が最後に社長になって、さらにママになっていたことに驚きの声が上がりました。

社長…???
え~~~!!!社長!!!w
サンチー社長になったwwwwwwwww
屋代課長が屋代部長へ、足立チーフから足立課長へ。そして三軒家チーフから三軒家社長へ…!!!
まさかの社長!!でもサンチーなら文句なし
サンチー、ついに2代目社長に! でもチーフは辞めないのねw
え?wwwwwww 赤ちゃん!!!
やっぱりーーー!!!! サンチーがママになります!!!!
え~~~っ!!!チルドレン!w
子供までできたーーー!!!www
社長?!?!?! 三軒家チルドレン?!?!?! (*゚0゚)ワーオ

引用:ツイッター

テーコー不動産の社長(舘ひろし)に「新宿ガーデンハイツ」を買い取ることを提案した万智は、社長から提案を飲む代わりに次期社長になることを条件にされていたようです。

そして、前回から1年の間になんと、万智に子供ができていました!

家に帰る暇もないくらいな激務なのに子供ができたのが不思議です(笑)

【家売るオンナ】は三軒家チルドレンで続編か?

最終回では三軒家万智(北川景子)がテーコー不動産の2代目社長になり、さらに屋代課長(仲村トオル)との子供もできたことが明らかになって終了しましたが、ツイッターでは続編を希望する声がたくさんありました。

サンチーにも子供が! というか、これ次のシリーズも作って欲しい
続編、ありそうw
続編やってほしい
良き結末で良かった、また続編やって欲しい
テーコー不動産のみんなが大好きです! またいつか帰ってきてください
あーん!終わっちゃったー?? シーズン2も面白かった? 絶対また復活してほしい

引用:ツイッター

平均視聴率11%代と好調をキープした「家売るオンナの逆襲」は十分に続編の可能性がありますね。

次回作のポイントは三軒家チルドレンでしょう!

子供ができた三軒家万智は一時期仕事を離れることになりますが、子供が少し成長して保育園に預けられるようになった万智はテーコー不動産の社長兼チーフとして仕事に復帰します。

仕事の勘を取り戻そうとする万智に仕事と子育ての両立という壁が立ちふさがり、思い通りにいかない自分に失望しますが、なんとかそれを夫婦で乗り越えて、家売るオンナとして復活する。

題して『家売るオンナの復活』

というのが私の予想です!

良ければ次の記事もご覧ください!

2016年夏に公開された北川景子さん主演の大ヒットドラマ『家売るオンナ』が、ほぼ2年ぶりに『家売るオンナの逆襲』として帰ってしました! ...
家売るオンナの逆襲第8話が放送されました。 今回は、庭野(工藤阿須加)が実家を売って人生最後の勝負にタコ焼き屋を始めようとするいい加減...
家売るオンナの逆襲第9話が放送されました。 今回は、小学生時代に学校のプールで留守堂(松田翔太)に人工呼吸をしたのは万智(北川景子)で...

家売るオンナの逆襲最終話のあらすじと見どころ紹介

以下、家売るオンナの逆襲最終回のあらすじです。

ずっと想いを寄せて来た“餃子の君”が万智(北川景子)ではなかったことを知りショックを受けた留守堂(松田翔太)が姿を消して1年……。平穏な日々が戻ったのも束の間、資金豊富な外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長によって新宿営業所の業績は危機的状況を迎えていた。
このまま売り上げが低迷すれば渋谷営業所に吸収されてしまうというピンチの中、住人の高齢化が進んでいる新宿の集合住宅群『新宿ガーデンハイツ』の部屋をリッチブラスト不動産が相場より高い価格で次々買い占めているという噂が。

早速新宿ガーデンハイツを訪れた万智と庭野(工藤阿須加)は、リッチブラストからの立ち退き要求に抵抗している住人の老兄弟・藤見明(笹野高史)譲(本田博太郎)に出会う。万智の正体が不動産屋と聞き、あからさまに嫌な顔をする二人だが、突然万智のしゃっくりが止まらなくなり…!!
一方、新宿営業所では足立(千葉雄大)八戸(鈴木裕樹)宅間(本多力)がリッチブラスト不動産に次々客を奪われる。しかもその方法はかつて万智が家を売った型破りな方法にそっくり!危機感を感じた足立は庭野を引き連れ、客を装ってライバル会社に潜入する。

AI(人工知能)を駆使し瞬時に物件を探し出してくるシステムに度肝を抜かれる足立と庭野の前に現れたのは、なんとリッチブラスト不動産の副社長に登り詰めた留守堂だった!!万智を潰すためにAIに万智のノウハウを組み込んだという留守堂は、『新宿ガーデンハイツ』を壊して都市型リゾートタウンに再開発するつもりだと語る。
留守堂の豹変に衝撃が走る中、屋代(仲村トオル)は生身の人間にしかできない地道な営業を呼びかける。一方、万智はなぜか出張へ出て、謎の人探しをしていた…。東京に戻った万智は新宿ガーデンハイツへ。

明と譲に立ち退きの説得をするリッチブラストの社員の前に現れた万智は突然、二人がかつて一世を風靡した7人組の大人気コミックマジシャングループ『マジック7』の“不死身のアキラ”と“サーベルのジョー”だと説明。以前万智のしゃっくりが止まらなくなったのは小学生時代から憧れていたマジック7の前で緊張したからだったのだ。万智は新宿ガーデンハイツ1階の廃園になった保育園を復活させ、保育時間外はリタイア後のシニア世代の住人が子育てに協力する全世代参加型の“現代の理想郷”として建物を生まれ変わらせるプランを提案。その起爆剤としてマジック7の再結成イベントを開き人を集めると話すが、そこに現れた留守堂が反論し譲は家を売ることに同意してしまう……。

新宿ガーデンハイツのほとんどの部屋の権利を持つリッチブラストが圧倒的優勢の中、新宿営業所では万智のプランを知ったメンバーたちが賛同し、実現の糸口を探る。屋代は謎に包まれたテーコー不動産の社長(舘ひろし)に直談判に向かうが……。留守堂によって窮地に追いやられた新宿営業所メンバーが一丸となり、万智の構想する巨大プロジェクトに挑む感動の最終回!

引用:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/story/index.html

万智への復讐に燃える留守堂がリッチブラスト不動産のCOOになり、テーコー不動産を上回る業績を上げていましたが、その原因は、三軒家万智のやり方を学習したAI三軒家万智を作っていました。

そこまで三軒家万智にこだわるのか!と驚きましたが、最後には留守堂の怒りもおさまり、駅の方向を間違えていたので、元のドジ助に戻ったようで安心しました。

その後、留守堂は田舎でサンペイ不動産をすると言っていましたが、どこかで聞いたことがある名前(サンチー不動産)だし、こんな設定でしたね。

ということは、サンペイ不動産で続編があるかも???

まとめ

家売るオンナの逆襲最終回のネタバレと見どころをまとめました。

次回作は『家売るオンナの復活』を希望します!!!