後妻業【最終回結末】ネタバレ予想!原作と映画とドラマの違いを調査!

2019年1月22日(火)よる9時より、新ドラマ後妻業が始まります。

原作は同名の小説ですが、2016年8月に後妻業の女として映画化されました。

今回は、ドラマ後妻業の最終回結末ネタバレ予想と、原作と映画とドラマの違いについても調査していきます!

後妻業ドラマ【最終回結末】ネタバレ予想!原作のラストは?

原作は直木賞作家の黒川博行氏で、資産家高齢男性の遺産を狙う【後妻業】を描いたベストセラー小説(2014年8月発刊)です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

後妻業 (文春文庫) [ 黒川博行 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2019/1/22時点)

楽天で購入

原作のラストは竹内小夜子が亡くなります。

追い詰められた息子の博司が小夜子の命を奪い、柏木亨がやむを得ずトランクに小夜子の遺体を詰めます。

遺体を運ぶために車に積もうとしたところを、警官に見つかってしまうという結末です。

後妻業のドラマ最終回結末はどうなる?

映画のラストは亡くなったはずの小夜子がトランクの中から生きて出てきます。。。

柏木が遺体を運ぶために車に積もうとしたところを、警官に見つかってしまうというところまでは原作と同じです。

ところが、その後トランクがゴロゴロと勝手に動き出し、柏木と警官が驚いているなか、トランクが開くと、なんと中から小夜子が生きて出てきました!

小夜子が亡くなったと思い込んでした柏木は大喜びでガッツポーズです!!!

そこで小夜子が一言、「お巡りさん、私被害者ですわ。」

それを聞いた柏木はそのままノックダウン。。。

原作との違いは小夜子が生きていたという点です。

では、ドラマのラストはどうなるのでしょうか?

小夜子が生きていたというラストでは映画のマネになってしまうので、原作と同様のラストか、亡くなった後に全く違う発見のされ方をするのではないかと思っています

いずれにしても、小夜子は亡くなってしまうというのが私の予想です。

【第1話感想】

木村佳乃さんをはじめとする関西出身以外のキャストの関西弁の話し方が気になりました。

やはり、関西弁の微妙なイントネーションの違いを表現するのは難しいようです。

ただ、原作や映画にはなかった小夜子、柏木、朋美、本多の男女4人の複雑に絡み合う恋模様が描かれていくようなので、新しいストーリー展開にかなり興味が惹かれますね。

【第2話感想】

中瀬耕造(泉谷しげる)の金庫を開けて中の財産を手に入れた竹内小夜子(木村佳乃)は柏木亨(高橋克典)に言われて入院中の中瀬耕造の命を奪いましたが、映画にはなかった、娘たちが中瀬耕造の世話を嫌がっているのを小夜子が悲しそうな目で見ているシーンや、小夜子が教会の中で祈るシーンが描かれていました。

また、小夜子と柏木、中瀬朋美(木村多江)と本多芳則(伊原剛志)、それに加えて朋美の事実婚の夫である佐藤司郎と建築事務所で働く山本絵美里の恋模様が見えてきて、原作や映画とは一味違うストーリー展開になりそうな気配です!

ただ、なぜ朋美だけが関西弁を使わないのか・・・気になって仕方ありません。

【第3話感想】

中瀬耕造の葬儀が終わり、小夜子は原作や映画には出てこない富樫幹夫(佐藤蛾次郎)に接触を始めました。

一方、中瀬朋美と本多芳則は小夜子の後ろには結婚相談室「ブライダル微祥」のオーナーである柏木がいることを突き止め、朋美は一人で小夜子の家に乗り込みます。

『後妻業』であることを追求する朋美に、小夜子は、耕造から命を奪うよう依頼されたこと、構造も過去の3人の夫もみんな孤独を感じていたことを告白します。

小夜子は財産目的で資産家男性に近づき最後には命を奪いますが、狙われた男性は案外、小夜子に感謝しているのかもしれません。

【第4話感想】

小夜子の悲しい生い立ちと博司の秘密が明らかになりました。

原作では博司は小夜子の弟、映画では小夜子の息子の設定でしたが、今回のドラマでは表向きは小夜子の弟である博司が実は息子であることが判明しました。

実の子供である博司を弟として接している悲しい理由が何かあるようです。

また、後妻業で3億円を稼いだはずの小夜子の銀行口座にはわずか30万円しか残っていないことから、後妻業を続けている理由も金目的ではないかもしれませんね。

【第5話感想】

夫・司郎と事務所スタッフの絵美里の不倫現場を見てしまった中瀬朋美(木村多恵)は、小夜子との電話で思わず涙を流し、小夜子を慌てさせました。

その後、朋美は本多(伊原剛志)の元へ行き、一晩を共にしてしまいます。

朋美と本多の関係はこのまま続いていくのか、朋美と司郎の結婚生活はどうなるのか、とても気になりますね。

【第6話感想】

自分のクライアントである元開業医の笹島(麿赤兒)が小夜子のターゲットであることを知った朋美は小夜子と対決しますが、2人のやりとりがコントのようでした。

もし小夜子と朋美が今とは違う形で出会っていたら最高のコンビになった気がします!

小夜子の次のターゲット・船山(中条きよし)は詐欺師で間違いありませんね。

【第7話感想】

やはり船山(中条きよし)は詐欺師だったことがはっきりしました

ただ、その詐欺師・船山の虜になっている小夜子に柏木が嫉妬している様子が印象的でした。

柏木と小夜子の過去には何か大きな秘密が隠されている感じがします。

【第8話感想】

船山に入れ込んでいた小夜子に対し、珍しく柏木が動揺して嫉妬するシーンがありました。

一方、柏木のオフィスに朋美(木村多恵)のイヤリングが落ちていたことに気づいた小夜子も2人の関係を確かめるためにわざわざ東京にいる朋美の元を訪れました。

柏木と小夜子はお互いに相手のことが気になる存在であることは間違いありませんが、2人の過去にいったい何があったのかとても気になりますね!

【最終回感想】

小夜子の元を訪れた博司は、小夜子から「産むんじゃなかった」と言われて逆上し、小夜子の首を絞めて命を奪ってしまったかに見えましたが、実は小夜子は亡くなったふりをしていただけで小夜子が博司に手を引かせるために一芝居を打ったのでした。

原作の小説では「小夜子が亡くなる」、映画では「亡くなったはずの小夜子が生き返る」に対して、ドラマでは「小夜子が亡くなったふりをする」というまさかの展開でしたね!

また、夜子柏木、朋美と本多が協力して舟山の息子で暴力団員の喜宜(松尾諭)から1億円を奪い取るというどんでん返しの結末に、最後まで小夜子と朋美の対決を期待していた分、少し残念な気持ちになりましたが、騙す騙されるの駆け引きがあったり、W木村のコントが見られたりと、とてもおもしろいドラマでした!

後妻業の原作と映画とドラマの違いと見どころ紹介

映画後妻業の女は、2016年8月に公開された大竹しのぶさん主演映画です。

映画後妻業の女キャストは・・・

武内小夜子:大竹しのぶ
柏木亨:豊川悦司
中瀬朋美:尾野真千子
西木尚子:長谷川京子
本多芳則:永瀬正敏
三好繭美:水川あさみ
岸上博司:風間俊介

一方、ドラマ後妻業のキャストは・・・

武内小夜子:木村佳乃
柏木亨:高橋克典
中瀬朋美:木村多江
西木尚子:濱田マリ
本多芳則:伊原剛志
三好繭美:篠田麻里子
黒澤博司:葉山奨之

ラストが違う!

原作のラスト小夜子が亡くなってしまう結末でした。

一方、映画のラストは亡くなったはずの小夜子がトランクの中から生きて出てきました。

仏壇から中瀬朋美の父親の自筆証書遺言が発見され、生まれ育った家が朋美姉妹の手元に残ります。

そして柏木と小夜子はそれまでと変わらず後妻業に精を出すという結末でした。

いったいドラマではどんな結末が待ち受けているのでしょうか。

主演女優の年齢が違う!

映画後妻業の女放映時の大竹しのぶの年齢が59歳。

ドラマ後妻業の木村佳乃の年齢が42歳。

博司の設定が違う!

原作では、博司は小夜子の弟。

映画では博司は小夜子の息子という設定でしたが、ドラマでは原作と同様、小夜子の弟として登場します。

後妻業』の見どころは?

続いて、ドラマ『後妻業』の見どころについてご紹介していきます。

後妻業のあらすじはこちら。

武内小夜子(木村佳乃)は、“後妻業”をなりわいとする女。大阪の結婚相談所『ブライダル 微祥』で社長を務める柏木亨(高橋克典)と組み、男をたぶらかす天性の才能で、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする手法で荒稼ぎしていた。

ある日、柏木の計画のもと、元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、耕造にはほかにもまだ財産があることを知った小夜子は、隠し場所の金庫を何とか開けようと画策する。

その頃、東京では、内縁の夫と設計事務所をかまえる耕造の次女・中瀬朋美(木村多江)が、大阪で一人暮らす年老いた父の身を案じていた。するとその矢先、姉の西木尚子(濱田マリ)から耕造が倒れたと知らせが。慌てて病院に駆けつけると、そこで初めて、耕造が4度目の結婚をしていたことを知り、さらに、病院にふさわしくない派手な格好で現れ、耕造の妻だと名乗る同い年の小夜子に驚がく。あからさまな敵意を向ける。

しかし小夜子は、そんな朋美の怒りはお構いなし。夫婦関係を疑われると、幸せいっぱいの耕造と写った結婚写真を見せ、反対に、普段から連絡ひとつ寄こさない朋美たち娘を薄情だと言い放つ。

やがて、耕造の容体が安定したため朋美は東京へ戻るが、小夜子への怒りはおさまらない。小夜子の身なりから、父が財産目当ての結婚詐欺に引っかかったのだと考えた朋美は、探偵事務所に調査を依頼することに。すると、やってきたのは朋美の先輩で、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)だった。朋美の話を聞いた本多は、小夜子が後妻業ではないかと疑いを抱き……。

引用:https://www.ktv.jp/gosaigyo/story/01.html

主演女優である木村佳乃さんの演技力に注目です。

映画後妻業の女の主演女優大竹しのぶさんとの違いをどう出すのか?

それと、ドラマ後妻業の結末はどうなるか?

原作映画との結末の違いに大注目です!

まとめ

新ドラマ後妻業について、最終回結末のネタバレ予想を中心に、原作映画との違い、見どころについてまとめました。

原作映画との違いはまだまだ出てくると思われますので、発見次第、追記していきます。