パーフェクトワールド1話の最後の女性は誰?ヘルパーの登場に波乱の予感!

ドラマ『パーフェクトワールド』がフジテレビ系で2019年4月16日(火)夜9時からスタートしました。

このドラマは、脊椎損傷による下半身不随という障がいによって、一度は恋を諦めた鮎川樹(松坂桃李)と初恋の想いを戸惑いながらもストレートにぶつける川奈つぐみ(山本美月)の恋を描いたラブストーリーです。

この記事では、パーフェクトワールド1話の最後の女性は誰?ヘルパーの登場に波乱の予感!について書いていきます。

パーフェクトワールド1話の最後の女性は誰?と話題に!

つぐみ(山本美月)の手伝いによってコンペの作品を仕上げることができ、病院のベッドで樹とつぐみが祝杯をあげようとした最後のシーンで、ある女性が突然、樹(松坂桃李)の元に現れて愛おしそうに抱きしめました。

その女性の行動に、Twitterではこの女性は誰?と話題になっていましたね。

1つ言いたい、最後の女性誰?!?!
最後感動してる時に、、、あの女誰ぞ!?
え、え、最後の誰?
でも最後、何か新しい女性出て来た~どういう関係?
最後、第3の女的なの出てきてちょっとびっくりだった(笑)
なんか最後に怖そうな女きて草
えっ?何???最後なんなのー?
誰やねん最後の女…!!
おいおい最後に登場したあの女は誰じゃあああ!!!

引用:Twitter

つぐみのいる前で樹を抱きしめたこの女性は、樹のヘルパー・長沢葵(中村ゆり)だったのです。

長沢が樹のヘルパーだということを知らないつぐみは、かなり驚いた様子でした。

パーフェクトワールド1話はヘルパーの登場に波乱の予感!

樹とつぐみの前に突然現れたヘルパー・長沢は、「自分が付き添っていないから、こんなことになった」と樹を愛おしそうに抱きしめました。

ヘルパーとは知らないつぐみは驚いた様子でしたが、それにしても、ヘルパーという立場の人がここまで樹に愛情表現するのは明らかに不自然なような気がしますよね。

実は、原作のマンガでは、歩けなくなった時からずっと樹を支え続けてきた長沢は、密に樹に想いを寄せています。

ただ、ヘルパーという立場上、樹にその想いを伝えられていなかったのですが、ある事件をきっかけに長沢は自分の想いを樹に伝えることになるのです。

このドラマ『パーフェクトワールド』の原作は、女性コミック誌「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエさん作の同名コミックです。

1巻~8巻まで発売され、その累計部数は170万部を超えます。そして最新刊9巻が3月13日(水)に発売されました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パーフェクトワールド(9) (KC KISS) [ 有賀 リエ ]
価格:475円(税込、送料無料) (2019/3/31時点)

楽天で購入

原作と同じように、ドラマでも長沢が樹に想いを寄せていることは明らかですね!

ヘルパー・長沢葵の登場に波乱の予感しかありません!!

良ければ次の記事もご覧ください!

『パーフェクトワールド』がフジテレビ系で2019年4月16日(火)夜9時から放送されます! このドラマは、脊椎損傷による下半身不随とい...

パーフェクトワールドフル無料動画の見逃し視聴方法はこちら!

ドラマ『パーフェクトワールド』を見逃してしまったり、もう一度観てみたいという場合もありますよね?

そんな時でも大丈夫!!

こちらの記事で、無料でドラマを視聴できる方法】をまとめましたので、ぜひご覧ください!!

ドラマ『パーフェクトワールド』は脊椎損傷による下半身不随という障がいによって、一度は恋を諦めた鮎川樹(松坂桃李)と初恋の想いを戸惑いながらも...

パーフェクトワールド1話のあらすじと見どころ紹介

以下、パーフェクトワールド1話のあらすじです。

12年ぶりの再会は偶然か、それとも運命か―。恋をあきらめた鮎川樹(松坂桃李)と、初恋相手への恋心がよみがえる川奈つぐみ(山本美月)。2人の愛の物語が今始まる!

学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本美月)は、“卒業したら長野に帰る”という約束を父・元久(松重豊)と交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、現在は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で事務として働いている。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのだ。偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのだ。

翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りにきたつぐみを、樹は坂の上の公園に連れ出す。そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外は、かつての樹のままだと気づく。そしてひょんなことから、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになる。

約束の日、つぐみが出かけた後のマンションの部屋に、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねてくる。高校時代から密かにつぐみに想いを寄せている洋貴は、しおりから、つぐみが樹と出かけたと聞いてショックを受ける。しかしその頃、つぐみはデートのような状況を楽しむどころか、車いすで外出することの大変さを思い知らされていた。さらに、事故がきっかけで高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れ、この先はもう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉に戸惑ってしまう。

一方、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。留守電には、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージも。その矢先、仕事先で会ったつぐみに「同窓会、行く?」と聞かれた樹は…。

引用:https://www.ktv.jp/perfectworld/story/01.html

樹の元カノ・美姫から結婚式の招待状が届いた樹は、行くかどうか迷っていました。

結局、つぐみを連れて結婚式に参加することになりましたが、樹とつぐみはまだ付き合っていないにもかかわらず、なぜか樹はつぐみを彼女として紹介します。

事故で障がいを負ったことが原因で樹と美姫は終わりを迎えたのですが、樹は、自分にも彼女ができたということを元カノ・美姫に見せて、これから結婚しようとする美姫を安心させたかったのでしょうね。

ただ、元カレの樹をを結婚式に呼んだうえに、今でも一番好きだと言う美姫に、Twitterでは非難の嵐でした。

樹の障がいを支えてあげられなくて別れを選んだはずなのに、今でも好きだと言うのは完全にアウトのような気がしますが・・・。

まとめ

ドラマ『パーフェクトワールド』第1話のネタバレ感想と見どころについてまとめました。

樹の元に突然現れたヘルパー・長沢によって波乱が予想されますが、原作マンガと違う展開が見られるのでしょうか?

非常に気になりますね!

良ければ次の記事もご覧ください!

マンガ『パーフェクトワールド』の最新刊9巻が3月13日(水)に発売されました! マンガ『パーフェクトワールド』は、女性コミック誌「Ki...